整形でなりたい目に

医者と看護師

自分に合った方法を

日本人は一重まぶたの人が大体人口の約7割程度と言われていますが、その原因となっているのが、まぶたの皮下脂肪、眼窩内脂肪、ROOF等の発達です。元々祖先がシベリアに移り住んだ時、シベリアの寒さから芽を守る為にまぶたが分厚くなり、一重になりました。ではどのようにすれば二重になる事が出来るかというと、現在手軽に利用できると言うことで人気を集めているのが埋没法です。比較的低料金で受ける事が出来るだけでなく、メスではなく医療用の糸を利用して行うので、施術後に腫れにくいと言うメリットがあります。そのため、ダウンタイムに関しても個人差はありますが、大体3日程度で済むと言うことから、メイク感覚で行う人もいる程です。ただまぶたに脂肪が多いと、どうしても二重の線を作ることが難しくなってしまうので、この場合は部分切開法が適しています。これはまぶたに1mmか2mm程度メスを入れて二重を作る方法で、腫れもそれ程多いと言う訳ではありません。またよりまぶたが分厚く脂肪も多い場合は全切開法が選ばれており、まぶたの脂肪や上眼検挙筋を処理できるので、半永久的に二重の状態を作り出せます。二重整形をする場合、腫れてしまうのではないかと心配する人もいますが、いくつかのポイントに気を付ければ腫れを最小限に抑えられます。まず、手術を受ける際は出来るだけ二重の幅を広くし過ぎないようにすると言うのも一つの方法です。広くするとどうしても腫れた時に二重の幅がより広くなってしまい、腫れが目立つ傾向となるからです。特に切開法は確実に二重に出来ますが、腫れが心配な時は埋没法を選ぶ方がダウンタイムも短くなります。また、体がむくんでいるとどうしても腫れが出やすくなってしまうので、なるべくこまめな水分補給をし、アルコールと塩分には気を付けます。また手術を行う時にどうしても緊張して目に力を入れてしまう事も有るかもしれませんが、なるべく目には力を入れません。なるべくリラックスした状態で手術を受ける事で、出血を最小限に出来るだけでなく、腫れも最小限に出来るからです。また術後は出来るだけ目を酷使しないようにしたいので、パソコン、スマートフォンの長時間の利用は控えます。さらに術後はまぶたをしっかりと冷やしたり、枕を高くしたり、必要以上に傷跡をこすってしまわないように注意します。