期間限定かどうかを決める

女性の目元

切る手術に対する決断

一重の目を二重にしたいと考えている人は、まず行う手術が埋没法と切開法の二つに分かれているということを知っておかなければいけません。そのことを知らないうちにいきなりクリニックを受診し、手術を要求しても断られるだけなので、二つの手術があること、そしてその違いについて知りましょう。基本的なイメージとしては糸を使って期間限定の二重にするのが埋没法、そしてメスを使って永久的に二重にするのが切開法となっています。この説明を聞いただけで切開法を選ぶ人がかなり多く、それに伴うトラブルが多発しているので、まず一度落ち着いて考えていきましょう。なぜ糸で縫うだけの期間限定の埋没法が存在しているのかというと、それが非常の低リスクで、顧客の要望に合っているからです。美容クリニックで行う手術は取り返しがつかないものが多く、それによって数多くの人に距離を取られています。しかし、埋没法という意図を抜けば元通りの一重にあるという施術は取り返しがつき、いくらでもやり直すことができるのです。そのため最初は埋没法による手術をすることをすすめられるので、まずはそれを選択して二重にしていきましょう。美容クリニックで最も重要なのは施術をしても何も問題がないという事実であり、決して安さや施術の速さなどではありません。なので埋没法ではなく切開法を気軽にやってくれるから、そしてやたらと安いからという理由で病院を選ぶと高確率でトラブルに合います。瞼が腫れるなどはまだましなほうで、場合によっては涙が止まらない、ドライアイになるなど起こりえないようなトラブルになる可能性もあるのです。埋没法は糸で縫い付けるだけなのであまりそういったリスクはありませんが、切開法は瞼にかなりの変更を加える手術となっています。さらに二重というものはほんの一ミリ違うだけで全く印象が変わってしまうので、切開法で固定してしまう前に埋没法で確認することが大切です。こうしたことは大手クリニックであればカウンセリングを通して指導が入り、失敗を避けてくれることをよく理解しておきましょう。カウンセリングなどの面倒なことをしない、ということは軽々しく施術されてしまうことを意味しているのでリスクが非常に高いです。二重にするというのは非常にデリケートで難しいことなので、クリニック選びは慎重にいきましょう。