仕組みなどを知る

鏡を見る女性

施術後の費用も

二重整形には切開法と埋没法があり、埋没法の方が施術時間も短くて費用も安いです。切開法には全切開と部分切開とがありますが、費用は変わらないことが多いです。二重整形の費用を考える際には、施術後にかかる費用を意識することが大切です。様々な保証制度があり選ぶことができると便利で、数年の保証と永久保証とを選べることもあります。埋没法で二重にした後は元に戻ることもあるので、保証のことをよく考えることが大切です。埋没法の保証内容は様々で、ラインの幅の修正も無料りことがあります。美容外科によっては、他院で行った施術のやり直しを依頼することもできます。埋没法で使用する糸はごく細で、使用する針もごく細であることが望ましいです。こうした糸や針で二重にすることで、施術後の腫れや痛みが少なくなります。目元が人に与える影響はとても大きいので、美容外科を選ぶ時は評判を意識する必要があります。型どおりの施術はどこの美容外科でも行うことができますが、患者が望む形や幅の二重に正確にできるかどうかを知ることは大切です。二重形成の施術を受ける時は、希望する目の形によって様々な施術を行います。切開法はより幅広の二重にすることができますし、埋没法は短い時間でメスを使用しないで自然な二重にすることができます。目頭切開を行うと、大きく華やかな印象の目にすることが可能となります。目尻を切開すると切れ長の目にすることができますし、眉の下を切開すること目の上のたるみを取ることができます。まぶたの厚みが強い場合は、マイクロ脱脂を行うこともあります。元の目の形と希望する目の形によって、受ける施術は異なりますのでカウンセリングでよく確認することが重要です。二重形成することで見た目を良くするだけでなく、眼瞼下垂を治すことで視界を広げることもできます。涙袋を形成することで、可愛いらしい印象の目元にすることも可能です。二重形成の施術はかなり進化していて、埋没法で施術を受けてからかなり後になってからでも糸を確実に抜くこともできます。糸をまぶたの粘膜に通さない最新の埋没法によって、こうしたことが可能となります。